相続税はかからないと思っているけど、、、と無料相談にいらっしゃったケース

Aさんの相続人からの相続税の相談依頼

Aさんは、自宅と預貯金をお持ちでした。
土地(評価額)1,000万円
建物(評価額)300万円
預貯金2,500万円

家族構成

被相続人は母
相続人はご相談者様(妹)と姉

ご相談内容

自分たちには相続税は関係ないと思っていたが、銀行で解約の手続きなどを行っているうちに、申告が必要なのではないかと不安になられたそうです。また、税務署に意図的に申告していないと思われるのがとても嫌なので申告が必要であれば、申告したいとのことで無料相談にいらっしゃいました。

京都あんしん相続相談室からの回答

相続人様ご自身で、財産の計算をされていらっしゃいました。お伺いしたところ、土地の評価も軽減できるであろうものを考慮しないで計算されており(=土地の価格を多めに見積もっていらっしゃる)、把握されている財産に漏れはないようです。また、把握されている財産3,800万円に対し、基礎控除額4,200万円と400万円の余地があります。こちらのケースでは相続税申告は必要ないと回答致しました。

うちは相続税はかからない!と思っていらっしゃる方が多いです!!

今回のケースのように「うちは相続税はかからない!」と思っていたが、銀行や証券会社で解約手続きを進めている中で、あるいは税務署からお尋ねが来て、と相続発生後しばらくしてから申告が必要なのではないかと不安になられる方が多くいらっしゃいます。

当相談室では、まず財産状況などをお伺いさせて頂きます。ご自身が全く認識していなかった相続財産が発覚する場合や相続税がかかるかぎりぎりの場合など、実際にきちんと財産の計算をさせて頂くと、申告が必要であるというケースもあります。また申告が必要なかったとしても、財産をきちんと計算することで安心できたというお声も頂いております。心配な方はぜひ一度、当相談室にお越しください。


初回事務所相談(無料)実施中!

相続サポートプランのご紹介

  • 相続手続きサポート
  • 生前贈与サポート
  • 相続税申告サポート
  • 遺言書作成サポート
  • 相続放棄サポート
  • 相続税発生診断・生前対策サポート
  • 相続登記サポート
  • 事実承継対策サポート
PAGE TOP