相続税の計算方法は?相続専門の税理士が解説!

自分は相続税がかかるのかどうか不安に思われている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当事務所でも相続税がかかるかどうか知りたいというご相談を多く受けています。

今回は、相続税の計算の仕方とどうすれば、相続税を減額できるのか説明致します。

相続税の計算式について

相続税の計算方法

相続税の計算式は以下の通りです。

「相続税額=(遺産総額(①)-基礎控除額(②))☓相続税率(③)-税額控除」

上記の項目について具体的に説明致します。

遺産総額について

遺産総額とは、被相続人から遺産として受け取る全ての財産のことを指します。

以下の計算式で遺産総額を計算することができます。

「遺産総額=プラスの資産①-(非課税資産②+マイナスの資産③+葬儀費用④)」

①プラスの資産

プラスの資産とは、現金、不動産、株式、生命保険などの価値のある資産のことを言います。

②非課税資産

非課税資産とは、言葉の通り相続しても課税されない資産のことを言います。

例えば以下のような資産が非課税資産になります。

・墓地、仏壇など日常礼拝をしているもの
・宗教などで公益な目的とする事業に使われたもの
・生命保険金のうち「500万円☓法定相続人」までの金額

など。

非課税資産について詳しくは、国税庁の「相続税がかからない財産」をご参照ください。

③マイナスの資産

マイナスの資産とは、借入金や未払金などの負債資産のことを言います。

例えば、融資により購入した不動産を相続した場合、その借入金がマイナスの資産となります。

④葬儀費用など控除できる債務

葬儀費用などの債務は、相続税を計算するときは遺産総額から差し引くことができます。

なお、控除できる債務について詳しくは、国税庁の「相続財産から控除できる債務」をご参照ください。

基礎控除について

相続税の基礎控除

そもそも基礎控除額って何?

そもそも基礎控除とはなんでしょう。

相続税は相続した財産が一定額を超えた場合に初めて発生します。

基礎控除額とはその一定額のことを言います。

②基礎控除額の計算方法

基礎控除額は以下の計算式で算出することができます。

「基礎控除額=3,000万円+600万円☓相続人数」

 例えば、相続人数が2人の場合、基礎控除額:3,000万円+600万円×2人=4,200万円になります。

相続税率について

相続税の課税額に応じて、税率も変わります。

相続税額は遺産額から基礎控除を除いた分に税率を掛け合わせて算出されます。

掛け合わせる税額は相続財産額によって変わり、下記のようになります。

取得金額 税率 控除額

1,000万円以下

10%

3,000万円以下

15%

50万円

5,000万円以下

20% 200万円

1億円以下

30% 700万円

2億円以下

40% 1,700万円

3億円以下

45% 2,7000万円

6億円以下

50% 4,2000万円

6億円超

55% 7,200万円

ここまで相続税の計算方法についてお伝えさせて頂きましたが、相続税額は上記以外にも様々な要因によって増額したり減額することも可能です。

正確な金額を出したい、相続税を減らしたいという方は専門家へ相談していただくことをおすすめします。

相続税のについての無料相談実施中!

提案_笑顔

当センターでは相続税が発生するかどうかの相続税シュミレーションや、発生する場合の節税対策などをお客様のご状況に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

相続税が発生するかもしれないという方は是非お気軽にご相談ください。

ご相談は0120-548-850までお願い致します。

無料相談について詳しくはこちら>>

当事務所が選ばれる理由について詳しくはこちら>>


相続サポートプランのご紹介

  • 相続手続きサポート
  • 生前贈与サポート
  • 相続税申告サポート
  • 遺言書作成サポート
  • 相続放棄サポート
  • 相続税発生診断・生前対策サポート
  • 相続登記サポート
  • 事実承継対策サポート
PAGE TOP